不動産の買取とは?仲介との違いと買取のメリット・デメリットをご紹介

2022-04-12

売却

不動産の買取とは?仲介との違いと買取のメリット・デメリットをご紹介

不動産を売却したい場合は、不動産会社に「買取」をしてもらう方法と、買主との「仲介」をしてもらう2つの方法があります。
そこで、さいたま市や川口市で不動産売却を検討中の方に不動産買取とは何か、メリット・デメリットも合わせてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取とは?仲介との違いも解説

不動産買取とは

不動産買取とは、不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。
売主は不動産会社と価格交渉をし、成立すればすぐに契約に進むことができます。
個人の買主への販売と違い販売活動などおこなう必要がなく迅速に売却したい場合には適しています。

買取と仲介との違い

買取とは別に「仲介」という方法もあります。
仲介とは、個人の買主の間に不動産会社が仲介として入り、売買契約を取りまとめておこないます。
買取と違い、仲介手数料がかかったり売却までに時間を要します。


\お気軽にご相談ください!/

不動産買取のメリット

不動産買取のメリットとしては主に下記のことがあげられます。

  • 仲介手数料がかからない
  • すぐに現金化できる
  • 契約不適合責任が免除される

不動産買取では、不動産会社との直接の契約になるため仲介手数料は不要です。
また、最大のメリットとしては交渉成立すれば、すぐに現金として受け取ることができます。
契約不適合責任とは、契約内容と違うものを売却したときに売主が負う責任のことです。
仲介の場合は、契約不適合責任を負うことが多いですが、買取の場合は不動産会社か所有者になるため免除されます。


\お気軽にご相談ください!/

不動産買取のデメリット

一方で、デメリットとしては次のようなことがあげられます。

  • 売却価格が市場価格より安くなる
  • 買取対象の条件により買取できないケースもある

一般的に不動産買取の場合は市場価格に対して、安くなる可能性があります。
理由は、買取した不動産は、リフォームやリノベーション工事などの付加価値を付けて再度売り出すためです。
その費用分が差し引かれることがあります。
確実に売ることができる分、相場より安くなってしまうデメリットが発生します。
また、買取業者などによっては、指定のエリアのみ買取対象としている場合があるので注意が必要です。


まとめ

不動産買取について解説してきました。
不動産売却には、「買取」と「仲介」の2種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
すぐに売却したい、買い手がすぐに見つからない場合は、不動産買取を検討されてみてはいかがでしょうか。
さいたま市や川口市エリアを中心に、埼玉県で不動産売却をご検討中の方は「株式会社バンダイ」にお任せください!
ホームページより、24時間無料査定依頼を受け付けております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-287-3339

営業時間
10:00~19:00
定休日
無休(年末年始を除く)

関連記事

売却査定

お問い合わせ