不動産売却における「買取」とは?コツや注意点も解説

2024-06-25

売却

不動産売却における「買取」とは?コツや注意点も解説

不動産の売却を検討するなかで、なるべく早く売却したいと考える方は多いかと思います。
不動産売却の種類のなかで、早く売却できる方法として「買取」があることをご存じでしょうか。
そこで今回は、不動産の買取とは何か、不動産の買取のコツにくわえて、不動産を買取する場合の注意点も解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取とは何か?

不動産の「買取」とは、不動産会社に直接、不動産を買い取ってもらう方法です。
「買取」では「仲介」と異なり、不動産会社自体が買主になるので、購入希望者を募ったり、買主の購入決定を待ったりする必要がなく、早く売却できます。
また、買取には「即時買取」と「買取保証」の2週類があります。
「即時買取」は、不動産会社にすぐに「買取」をしてもらう方法で、「買取保証」は、一定期間「仲介」で買主を探し、売れなかった場合に不動産会社が「買取」する方法です。
さらに、「買取」では、契約上合意していない欠陥が発覚した場合は売主が責任を負うという「契約不適合責任」が無い事や、「仲介」のように内覧が必要ないことも特徴です。

▼この記事も読まれています
任意売却を親子間でするメリットとは?注意点もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取のコツ

不動産買取のコツとして「売却相場を把握する」「買取保証の利用」などが挙げられます。
まず、不動産買取では、不動産会社による査定価格が提示されますが、売却相場を知っておけば、査定が妥当なものか判断が可能です。
買取価格は一般的に、相場価格よりも低くなる傾向があるものの、売却相場を把握しておけば、あまりに相場とかけはなれている価格の場合、理由を聞くこともできます。
また、先述した買取の2種類のうち「買取保証」を利用すると、相場に近い価格で売却できます。
そして、売れなかったときは不動産会社に買い取ってもらう選択ができるのです。
仲介のみで売却活動すると、売れない場合の不安がありますが、買取保証であれば、仲介、買取のどちらの良いところも使えるので安心して売却できるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却方法のひとつ買取の流れを段階ごとに解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産を買取する場合の注意点

不動産を買取する場合、「住宅ローンが残っている場合」「不動産会社の決定」には注意が必要です。
不動産売却を行う場合、売却時に住宅ローンを完済していることが必須になります。
しかし、完済ができていない場合でも、売却はできますが、売却代金や手持ちの預貯金で残債を一括返済できることが条件です。
また、不動産会社によって、査定価格には差があり、細かいサービス内容なども変わってきます。
不動産会社を決める際には、買取金額が納得できるか、買取実績があるかといった信頼度を基準にして、決めると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な購入申込書とは?書類の見方や書き方の注意点を解説

まとめ

不動産の「買取」とは、不動産会社に直接、不動産を買い取ってもらう方法のことで、「即時買取」と「買取保証」があります。
また、不動産買取のコツとして挙げられるのが「売却相場を把握する」「買取保証の利用」などです。
なお、「住宅ローンが残っている場合」「不動産会社の決定」には注意が必要になります。
さいたま市・川口市の不動産売却は株式会社バンダイがサポートいたします。
ホームページより、24時間無料査定依頼を受け付けております。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-287-3339

営業時間
10:00~19:00
定休日
無休(年末年始を除く)

関連記事

売却査定

お問い合わせ